クラウド カーディオロジ スマホ 富士の国 心電図伝送

スキー&スノーボード2004-2005

冠動脈多肢病変に対する開胸手術法とカテーテル治療法

冠動脈多肢病変に対する開胸手術法とカテーテル治療法とは、
長期の経過を診た結果はどちらが一般的に優れているか

世界医療学会誌 Lancet に於ける注目記事

本テーマはすでに、統計や論議が20年以上検討されている。
開胸手術では、ミニマルインベイシブ法が導入され、極めて
限定的に、かつ侵襲度も比較的に少なく、完全な心停止を
せずに実施されるようになってきたことも一つの要因で
あろう。また、カテーテル法では、いろいろ工夫されたステント
が一般化されてきたが、結局異物を体内に置き去りに
することには変わりなく、異物反応から避けて通れない
とのことであろう。
具体的なコメントとしては、7812人の患者の長期観察で、
55歳以下ならば、カテーテル法でもよい結果がでている。
結局、3月から4月にかけての一連の記事から、
開胸手術法が勝るとの結論がデータが示しているようで
ある。
ケアネット4月16日号、
Lamcet Apr 4 373(9670) Stanford大、Oxford大、 
Lamcet Online Mar 19 Stanford 大、
[PR]
by suwataisya | 2009-04-19 08:53 | 医師会
<< 先生の ホ-ムページ の作成 メディカルテクニカの最近のリンク >>


お問い合わせはメディカルテクニカまで、gelertduna@gmail.com
by suwataisya
カテゴリ
全体
心電計
医師会
造影剤
心臓外科
医療機器
循環器
動脈硬化
外科
高血圧
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism