クラウド カーディオロジ スマホ 富士の国 心電図伝送

スキー&スノーボード2004-2005

スマートホン型携帯電話が、医療に貢献する日が参りました。

スマートホン型携帯電話が、医療に貢献する日が参りました。

1、12誘導心電計の送受信の役割を担う。
救命救急に、飛躍的に敏速な対応が可能になる。心電図解析が即座に可能
2、ワイヤレス血圧計で、血圧の変化を携帯電話で随時チェックできる。
真の血圧という値が観測できる。
  ワイヤレス聴診器により、訪問看護、救命救急等の診察が遠隔でできる。
3、各種バイタルサインや検査値が何時でも入手できる。
より適切な診断に寄与する。
4、携帯電話の画像機能は、すべての医療画像の送受信が可能。
より専門医の判断が仰げる。
5、医療従事者はもちろん、看護者の生の声がその場で得られる。
患者の声はもちろん医療従事者にその場で届く。
6、各種検索がその場でできる。例、住所、電話、関係先情報、輸送方法、など
7、地図が表示できる。
8、イーメールが転送、直接、記憶できる。
9、お気に入りで、重要なホームページを即座に呼び出せる。
10、海外、山間部、スポーツ、船上等でも、何時でも詳細な情報が得られる。
11、翻訳機能が利用でき、辞書など携帯不要となる。
[PR]
by suwataisya | 2010-04-09 15:24 | 医師会
<< なぜ、12誘導心電図が、病院外... 携帯電話式12誘導心電計の利点 >>


お問い合わせはメディカルテクニカまで、gelertduna@gmail.com
by suwataisya
カテゴリ
全体
心電計
医師会
造影剤
心臓外科
医療機器
循環器
動脈硬化
外科
高血圧
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism