クラウド カーディオロジ スマホ 富士の国 心電図伝送

スキー&スノーボード2004-2005

糖尿病性神経症を早期に発見できる方法です。


すでに、米国FDAや、欧州CEマークに認可されている痛み程度検知器をご紹介します。1995年の時点で、世界には、1億3千5百万人の糖尿病患者でいると報告されており、その25%が糖尿病神経症に関係した足に症状がでているという。世界保健機構(WHO)は、2025年で、3億人に達すると推定している。厚生関係予算の4から5%がこの糖尿病神経症の治療に費やされるという。この疾患の困った点は、かなりひどい痛みを起こし、ほとんど耐えられない程度まで悪化することである。当該温度センサー式痛み程度検知方法は、かなり早期に(約三年程前に)この疾患を発見できることがわかったことである。すでに開発されてから十年を経過しており、大量の文献が発表されている。他に、応用例として、癌患者、脊髄患者、一般ペインクリニック対象患者、など、さまざまに利用が始まっている。
http://rimasui.hp.infoseek.co.jp/itami/
[PR]
by suwataisya | 2006-07-29 00:00 | 医師会
<< 先生のご希望の医療機器と接続で... 第36回日本創傷治療学会へのご... >>


お問い合わせはメディカルテクニカまで、gelertduna@gmail.com
by suwataisya
カテゴリ
全体
心電計
医師会
造影剤
心臓外科
医療機器
循環器
動脈硬化
外科
高血圧
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism