クラウド カーディオロジ スマホ 富士の国 心電図伝送

スキー&スノーボード2004-2005

ペーパレス コードレス ワイヤレス 携帯 心電計

12誘導心電図は、基線の追随ソフトにより、いつも整然と12本別れて表示される。
  電波法の関係から電波は、標準7m位以内の微弱である。
  12誘導心電図の電極は一度装着すれば、一貫して測定できる。
  各社負荷装置との連動は、その製造会社と協力さえあれば、どこでも接続制御できる。
  マスターステップ(日本式チャートが収録されている)や歩行時の12誘導心電図が
連続取得できる。
上記各種のご利用の前後、途中でもいつでも安静時の心電図を測定できる。
  世界標準のメタボリック指標が搭載されてリアルタイムで表示できる。
  世界で長年実績のあるサンテック社の非観血血圧計が搭載できる(薬事申請中)。
  RR間隔及び波形のディジタル信号のファイルが取り出せる。
  一つの場所(例えばCCU,ICU等)で十数台同時に利用しても混線しない。
  オプションとして、ワイハイ、ワイマックス、第一種ブルーツースを利用すれば、測定範囲
  の制限を受けない。
  世界に先駆けて開発された製品なので、各種文献及び新医療診療方法や、
新医療技術開発の機会がある。
  当社のホルターならば、同じパソコンで併用できる。
  gTec社のマットラブ解析ソフトウエアと連動すれば、リアルタイム自律神経解析ができる。
[PR]
by suwataisya | 2008-08-20 22:32 | 医師会
<< 三次元の価値ある情報を提供する方法 応用範囲の広いセンサーの実用化の記事 >>


お問い合わせはメディカルテクニカまで、gelertduna@gmail.com
by suwataisya
カテゴリ
全体
心電計
医師会
造影剤
心臓外科
医療機器
循環器
動脈硬化
外科
高血圧
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism