クラウド カーディオロジ スマホ 富士の国 心電図伝送

スキー&スノーボード2004-2005

心不全におけるボディマス指数(BMI)と死亡率


米国心臓学会誌2008年7月より
BMI(身長の二乗で体重を除す、正常18.5から25)と心不全による死亡率との関係が、
9箇所の同種研究(対象総数28,200人)により、中間報告として、相関性が低いと
報告している。しかし、その内幾つかは、肥満が心不全と有意であると示唆している。
平均経過観測期間は、2.7年である。心血管性死亡率との関係は炎症マーカとの関係
で論じられなければならないと思われた。詳細は同誌参照。
[PR]
by suwataisya | 2008-08-26 22:04 | 医師会
<< 日本人の心臓疾患が少ない秘密は... 着用式チョッキ型除細動器 >>


お問い合わせはメディカルテクニカまで、gelertduna@gmail.com
by suwataisya
カテゴリ
全体
心電計
医師会
造影剤
心臓外科
医療機器
循環器
動脈硬化
外科
高血圧
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism