クラウド カーディオロジ スマホ 富士の国 心電図伝送

スキー&スノーボード2004-2005

<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ミニノートパソコンとデュナ12誘導ワイヤレスの新時代

c0050762_22503614.jpg


ミニノートパソコンが、4万から6万円で販売され、しかも、B5サイズの小型で、
機種によっては、バッテリの継続使用時間が長く、ご利用の範囲を一段と
拡大します。往診や在宅看護、遠隔地診療に便利です。
ラブテック社のパソコン心電計デュナは、12誘導ペーパレスであり、
安静時、歩行、マスターステップ、エルゴメータ、トレッドミルに対応しております。
当該ミニノートパソコンを無線ランで使用すれば、その無線距離はかなりの範囲で
応用できます。バーコード入力も可能で、連続的な検診などに便利です。
心電計がパソコン式ですので、院内ランのデータ転送が容易です。
救急車心電図伝送、遠隔診療、医院病院の無い地区での利用に、除細動器
とトもに便利と利用できる時代が到来しています。インターネット利用や、
メモリチップでの搬送も可能です。なお、個人情報保護の観点からは、データは
暗号化されており、当該心電計のソフトウエア無や、ID パスワード、指認証や
じょうにゃく設定で二重三重に保護できます。電子カルテとは直接接続も可能で
すし、DICOM 画像化で他のDISOM と同居できます。
[PR]
by suwataisya | 2008-09-27 23:07 | 医師会

パソコンの管理

1,フアィル等の削除管理
XP では、インターネットイクスプロァを右クリックしてプロパティで、
Cookies, ファイル、履歴 の削除
コンテンツから
SSL 状態、オートコンプリートのファームとパスワードの削除
更に、コントロールパネルからタスクバーとスタートで
スタートメニューとカストマイズを経て、詳細設定、一覧のクリア
を行う
VISTA では、コントロールパネルからインターネットオピションで、
中央の削除で、六個の項目の削除
を実施
上記は、最低でも一週間に一度、できれば毎日行う。
2、スタートメニュの管理
XP では、スタートから、ファイル名を指定で
MSCONFIG
と入力し、スタートアップのオプションに設定し、
スタートアップ欄で、
ウイルスソフト以外はすべて、左の枠内のチェックを外す。
VISTA では、コントロールパネルから既定のプログラムで
それぞれの中で、普段使わないアプリケーションをはずす。
3、USB では、
システムのハードウエアのデバイスマネイジャで
USB に黄色のマークが付いているかどうかチェック
もし、付いていたら、デバイスドライバをインストール必要
付いていないで動作不良ならば、一旦無効設定にし、最初からソフトウエア
のインストール必要
もし、それでも駄目な場合は、無効でなく、削除で行う。
なお、USB デバイスドライバが作動不良になる原因では、
他のソフトウエアをインストールしたか、他のソフトウエアが自動スタートになっていて
デバイスドライバを上書きしている可能性がある。二個のデバイスドライバがある場合
競合している場合は動作不良になる。例カルディオビュソフトウエアとは同時に
運転できない。
4、アウトルック イクスプレスでは
ツールからメンテナンスで、各種ファイルの削除を実施した方がよい。
なお、上記でも動作不良の場合は、余分なアプリケーションソフトをアンインストールか
消去するしか対処方法はない。
5、VUSTA の有効利用
ビスタ用ソフトウエアであっても、専用でしかもインターネットアクセスに使用しない
ならば、関係のホルダ等の共通、セキュリティを外して利用すると、高速、高メモリを
有効に計測に利用できる。
2007年 メディカルテクニカ
http://meditekn.blogspot.com
[PR]
by suwataisya | 2008-09-27 23:01 | 医師会

第20回カテーテル・アブレーション関連秋季大会

主催 日本不整脈学会カテーテル・アブレーション委員会
委員長 奥村 謙 秋季大会会長 庄田 守男
期間 平成20年10月13日(月・祝)~15日(水)
会 場  仙台国際センター(仙台市青葉区青葉山無番地)
特記開催事項
10月13日(月・祝) 午後:研修セミナー
10月14日(火) 終日:アブレーション・ライブセミナー
《ビデオライブ ハイビジョン放映》《中継予定先》
国際医療福祉大学(熊谷、土谷)、東京慈恵会医科大学(山根)、
東京女子医科大学(庄田)、横須賀共済病院(高橋)、
横浜労災病院(野上)
10月15日(水) 終日:公開研究会
演題募集分類
1) 「上室性」 2) 「心室性」 3) 「チャレンジ症例」
4) 「希少症例」 5) 「ビジュアル症例」
6) 「合併症、トラブルシューティング」 7) 「研究発表」
8) 「萌芽的施設からの発表」
[PR]
by suwataisya | 2008-09-02 18:04 | 医療機器

ルメディックス社製心電図管理システムのご紹介

c0050762_17573221.jpg


これは、汎用心電計、ホルター心電計、ストレス心電計、連続モニター心電計等、
或いは、血圧計、体温、体重、呼吸機能、脳波、筋電図、パルスオキシメータ、
グルコース計、ポイントケア検査機器、等のバイタルサイン及び波形情報を、
それらの製造会社に関わらず、複合的に、すべて、バイナリファイル
やテキストファイルで取り込み、サーバーにインストールされた循環器管理ソフト
ウエアで、どこでも、バイタルサインとその波形が呼び出せる機能を有するシステム
です。また、HL7により、外部情報機器との交信を可能とします。
概略図は表示の通りですが、250台までの端末の利用を可能とします。
詳細はこちらでご案内。お問い合わせはメディカルテクニカまで。
http://www.kuronowish.com/~davinci333/cardioepiph/
[PR]
by suwataisya | 2008-09-02 18:00 | 医師会


お問い合わせはメディカルテクニカまで、gelertduna@gmail.com
by suwataisya
カテゴリ
全体
心電計
医師会
造影剤
心臓外科
医療機器
循環器
動脈硬化
外科
高血圧
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism