クラウド カーディオロジ スマホ 富士の国 心電図伝送

スキー&スノーボード2004-2005

<   2012年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

スマホ、心電図、アンドロイド、タブレット、送受信、伝送
































[PR]
by suwataisya | 2012-01-22 07:17 | 医師会

小型 ワイヤレス無線 非観血 連続 データ出力 血圧心拍モニター










[PR]
by suwataisya | 2012-01-15 10:26 | 心臓外科

クラウド カーディオロジーの時代へ
















[PR]
by suwataisya | 2012-01-15 10:23 | 心電計

先天性心疾患ソフトウエア Pedcath7











[PR]
by suwataisya | 2012-01-15 10:15 | 心臓外科

ワイヤレス スマートフォン 心電計

c0050762_1011345.gif
c0050762_10123690.gif

[PR]
by suwataisya | 2012-01-15 10:13 | 心電計

富士山 スマホ ワイヤレス 12誘導心電図伝送システム


心電図データをスマホで送信 県立総合病院が開発

救急時や遠隔地でも即診断  中日新聞平成24年1月12日付け朝刊
野々木宏医師

 静岡県立総合病院(静岡市葵区)は11日、心電図の測定データをスマートフォン(多機能携帯電話)を使って送信し、遠隔地でも心臓病を診断できるシステムを世界で初めて開発した、と発表した。
 これまで病院外で測定したデータを即時に送る手段がなく、心筋梗塞などの診断の遅れが命取りになるケースもあった。新システムは、医師が病院にいながら即時にデータを受信し診断することを可能にし、救急や在宅医療で威力を発揮しそうだ。
 システムは同病院の野々木宏院長代理(循環器)とハンガリーの医療機器メーカー「ラブテック」が共同開発。「富士山(ふじやま)」と名付けた。
富士山(ふじやま)」と名付けた。

 心電図測定には、同社が開発した文庫本サイズの小型心電計を利用。患者の体につないだ電極から得られた測定データは、心電計から現場の救急救命士らが持つスマートフォンやタブレット型多機能端末に無線転送され、スマートフォンなどを通じてサーバを介さず、病院の医師に直接メール送信される仕組み。
 これまでも携帯型の心電計はあったが、1種類の波形しか読み取れなかった。新たに開発された心電計は、既存の大型心電計と同様に12種類の波形を読み取ることができ、心筋梗塞や重症度の専門的診断も可能。患者を救急車で高速搬送する時でも、振動の影響を受けることなく正確なデータの読み取りや送信が可能だという。
 大型心電計は1台200万~300万円だったが、新開発の心電計は100万円程度と安価。野々木医師は「普及が進めば、さらに安価になる。災害時の救急現場のほか、医師不足の医療過疎地でも活用できる」と話している。





c0050762_1044838.gif
c0050762_1045939.gif
c0050762_105742.gif

[PR]
by suwataisya | 2012-01-15 10:07 | 心電計

English Labtech products








[PR]
by suwataisya | 2012-01-15 03:00 | 医師会


お問い合わせはメディカルテクニカまで、gelertduna@gmail.com
by suwataisya
カテゴリ
全体
心電計
医師会
造影剤
心臓外科
医療機器
循環器
動脈硬化
外科
高血圧
以前の記事
お気に入りブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism